最新情報

ホーム  >  最新情報
2017年09月12日
GT-R Magazine presents R's Meeting 2017 ご来場誠にありがとうございました。

今回で通算10回目の開催となるGT-Rの祭典。
当日の朝、会場となるFSWイベント広場は爽やかな秋晴れ。
ゲートオープンの7:00、GT-Rに魅了された人々が待ちかねたように続々と入場し
例年通り独特の雰囲気のなかイベントはスタートしました。

会場では「愛車撮影会」「パレードラン」豪華ゲスト陣による「トークショー」など
いつものコンテンツですが、気付かされたのは人の多さ。
年々規模を拡大しつつある印象ですが、開催結果報告での来場者数は
過去最高となる6,830人で、まさに世界規模となるイベントとなりました。


デモカーのBNR34とR35 MY07とMY17に加え、ユーザーカーのR35と
計4台を展示したKansaiブースにも、たくさんのお客さまにお越しいただきました。

様々なご質問やお悩み、チューニング相談への対応だけでなく
ユーザーさまを通じてお客さまを紹介いただいたり
情報交換などなど車種限定イベントならではのシーンもたくさんありました。
また、屋外という開放的なスペースでは
普段の店舗での接客とはまた違った雰囲気を味わうことができました。

あっという間に午後4:00となり、今年もイベントは無事終了。
大変有意義な時間を過ごさせていただきました。
また来年もお会いできることを楽しみにしています!!


2017年08月26日
ピ−クを過ぎたとはいえ、まだまだ残暑が残る今日この頃、
GT-Rフリークには恒例となりましたBIGイベント「R's Meeting」
今年は9/10 日曜日 いつもの富士スピードウェイで開催されます。

例年通り広めのスペースを確保したKansaiサービスブースでは
「GTIIIスポーツタービン」で熟成を深めた「BNR34」
オリジナルエアロを纏った「R35 MY17」サーキット仕様の「R35 MY07」を含め
計4台のGT-Rを展示する予定です。

ブース内ではオリジナルパーツの展示と共に、GT-Rオーナー必見の
会場限定チューニング&メンテナンスメニューも展開。
最新アイテムから定番作業まで、会場価格にて承ります。
この1日限りのスペシャルメニュー
詳細については、後日blogfacebookで案内しますのでチェックお忘れなく!

もちろん「ワンオフでこんなことできないの?」「これって正常なの??」
といった普段から気になっていることや今後のチューニングプランなど
GT-Rに関するご相談なら何でも承ります。

当日はお気軽にKansaiサービスのブースへお立ち寄りください!!

2017年08月06日
リニューアルが続くHKSの新型スポーツタービンシリーズ。
今回はデモカー LANCER EVOLUTION X(TC-SST)でテストしたGTIII-RSのレポートです。
比較対象となるターボは前作のGTII 7460KAI。
基本スペックは他車種同様で、MHI製センターハウジングに
HKS製オリジナルブレード・ハウジングの組み合わせとなります。

交換後、ナラシ中に気付いたのは、以前と比べ若干低速トルクが細く感じたところ。
これはメーカー公表値も同じような結果で、7460KAIがレスポンスを重視した仕様に対し、
GTIII-RSはよりパワーを狙った設計であることが考えられます。
事実セッティングに入り、回転数を上げていくと7460KAIより
高回転域で過給圧のタレが少なく、パワーの伸びの違いを感じることができます。

パワーチェック比較では、4000rpmまでは7460KAIが上回り
それ以上の回転域ではGTIII-RSに軍配が上がる結果となりました。
数値で表すとわずかな差ですが、このGTIII-RSの特性は
リニアなトルク感がより強まることで、ターボチューンの魅力を高めます。

数値解析の進歩と工作機械の進化によるターボの高効率化は
エンジン・燃料系の強化など使用環境が整えば、さらなる高出力化への期待が持てます。
もちろん守備範囲の広いスーパーワイドレンジターボなので
ノーマルエンジンベースから使用可能です。

ブーストアップやカム交換の次のアイテムとして最適といえる
GTIII-RSスポーツタービンキット。
是非お試しください。

2017年05月24日
来る6/3(土)4(日)の2日間
Kansaiサービスでは「HKS S660 FAIR」 を開催します。
メーカーキャンペーンとなるこの企画、100PSオーバーを実現する
GT100R PACKAGEを投入したHKSデモカーの体感試乗や
HKS商品ご購入でもらえるプレゼント、などなど豊富なイベントとなっています。

メーカーキャンペーン特典はこちら→

当日は豊富な在庫を用意し、皆さまをお待ちしていますので
即日ご購入・取付作業〜納車することが可能です。(注1)
すでにお目当ての商品やチューニングプランをお持ちの方は、
「事前取付け申込みフォーム」が用意されていますのでご活用ください。
また、チューニング済みS660ユーザーの方必見のコンテンツ
「愛車自慢企画」 も行われますので、是非ご参加ください。

さらに2日間 Kansaiサービスのスペシャルメニューとして
S660用オリジナルパーツを特別価格にて販売します。(注2)
機能性を重視したKansai渾身のオリジナルパーツを、
この機会にお試しください!!

皆さまのご来店、心からお待ちしております。


(注1)在庫のある商品のみとなります。また当日納車不可の作業もあります。
(注2)一部割引対象外商品があります。

2017年05月12日
すでにニュース等で発表されていますように
天然ゴムや合成ゴムの価格高騰を背景に、来月から
各メーカーのタイヤ価格が6%程度値上げ となります。

6%といえば・・・
例えば86/BRZ YOKOHAMA ADVAN FLEVA V701
標準サイズ215/45R17 1台分の場合

現行価格 ¥103,240(+税)¥109,434(+税)となります。
当然交換するとなると、今まで以上に出費がかさんでしまいます。


ところで今お車のタイヤコンディションはいかがですか?
長期間の使用でヒビ割れが発生していたり、溝が少なくなっていたら要注意!
これから迎える梅雨〜お出かけの機会が増える夏に向けて
この値上げ前の価格でタイヤリフレッシュをお勧めします。

クルマが路面に接する唯一のパーツとなるタイヤ。
安心・安全ドライブのためにも常にチェックしておきたいところです。
そこでKansaiサービスでは、5/末まで店頭にてご希望されるお客さまに
「無料タイヤコンディション&空気圧チェック」を実施します。

タイヤの状態が気になる方や、タイヤ交換をお考えの方
是非ご来店ください!!


2017年05月02日
EJ20用スポーツタービン HKS GTIII-RSのレポートです。
タービンの基本スペックは、先にリリースされたRB26DETT用のGTIII同様
メタルタイプの軸受を採用したMHI製センターハウジングに
HKS製オリジナルブレード・ハウジングの組み合わせ。

テスト車両はデモカーWRX STI。
取付けは車両側への若干の加工が必要となるものの、
ショートパーツ類も付属されているので、ほぼボルトオン感覚で装着可能。
早速機材を設置してタービンのナラシからセッティングに入りました。

走らせての印象は、前作のスポーツタービン GT2835と比べ
過給圧の立ち上がりが鋭く、中低速域のトルクが太いところ。
そのうえノーマルエンジンで380PS以上が狙えるサイズなので
純粋にGT2835のレスポンスを向上させた仕様といえます。

そのエンジンフィールはパワーチェックグラフでも確認可能。
4500rpmから上の回転域で厚みのあるトルクがレブリミットまで続き
乗りやすいエンジンのお手本のような出力曲線を描きます。
もちろんRB用と同じサージングレスでアクセルワークに左右されることなく
ピックアップの良さを堪能できるタービンです。

今回テストしたのはWRX STIですが、同じエンジンを搭載する
IMPREZA G#Bへの取付けも可能。同仕様でGDB用も設定されています。
ブーストアップの次のステップとしてターゲットとなるGTIII-RSスポーツタービンキット。
最新技術を駆使し設計された秀逸なタービン性能を、是非ご体感ください。


2017年02月14日
本日紹介する車種別メニューは、2Lターボエンジン搭載の2機種。
ミツビシ・スバル編です。

  ● For LANCER EVOLUTION X
    ブーストアップパック      
      点火プラグ・ECU・EVC6IRと最小限のアイテムで
      4B11のポテンシャルを引き出します。

    HKS GTII スポーツタービンパック   
      ノーマルタービンでは満足できない方向けのステップアップメニュー。
      タービンサイズは2種類からお選びいただけます。(注1,2)
                  GTII7460KAI

                  GTII8262KAI


  ● For IMPREZA・WRX(GRB・GVB・VAB)
    ブーストアップパック      
      こちらもEVO X同様最小限のアイテムと現車合わせのセッティングで
      安全かつ効率的にエンジン出力を引き上げます。

    エキゾースト&ECU Kansai spec      
      メタルキャタライザー + Flash Editor がパッケージ化されたHKSアイテムに
      Kansaiオリジナルデータをインストール。(注3)

    HKS GTIII スポーツタービンパック   
      HKSタービンのNEWラインアップ GTIIIシリーズ。
      ブーストアップの次のステップとなるメニューです。(注1,2)

プレミアムウィーク期間 : 2017/2/4〜2/19
表示価格は全て8%税込です
(注1)HKS PREMIUM CAMPAIGN 対象商品です
(注2)セッティングアイテムが別途必要となります
(注3)HKS PREMIUM CAMPAIGN 対象商品です
お車の状態や仕様により、別途追加費用が必要となる場合もあります
上記メニューは一例で、店頭にて発表しているものもあります

2017年02月11日
本日の紹介は注目車種NISSAN GT-R編です。
限定ものもありますので、ご注意ください。

    スポーツECM・TCMパック      
      フルノーマル状態からデータインストールのみでエンジン性能を
      引き上げるKansaiスポーツECM Ver.2。全モデル対応可能です。

    ブーストアップパック      
      KansaiスポーツECM・TCMチューンからのステップアップメニュー!!
      最小限のアイテムと現車セッティングで、VR38のポテンシャルを引き出します。(注1)

    3.8L 強化エンジンパック      
      ノーマルタービン仕様でも、600PSオーバーではマストとなるメニュー。
      定番のHKS製鍛造ピストン+H断面コンロッドで強化しながら、各所に
      WPCやDLC処理を施しフリクションを低減。エンジン脱着費用の他
      シリンダーヘッドはポート・燃焼室修正に加え、走行距離の増加とともに
      摩耗するバルブガイドの交換も含んだスペシャルプライスです。(注2)

    ミッションメンテナンスパック Pro Ver.1      
      コストパフォーマンスの高さで好評いただいている
      「ミッションメンテナンスパック Pro Ver.1」
      トランスミッションAssy脱着しての総点検となりますので
      サーキット走行の多いユーザーや走行距離の多い車両にお勧めです。
                  前期モデル

                  後期モデル

    基本メンテナンスパック      
      R35のウィークポイント フライホイールハウジングと
      メンテナンスで見落としがちなフロントデフオイル・点火プラグを交換。
      快適なR35ライフへの第一歩です。

プレミアムウィーク期間 : 2017/2/4〜2/19
表示価格は全て8%税込です
限定数に達した時点で通常のプレミアムウィーク価格とさせていただきます
(注1)Kansai スポーツECM&TCMが別途必要となります
(注2)Kansai スポーツECM&TCM及びセッティング費用が別途必要となります
お車の状態や仕様により、別途追加費用が必要となる場合もあります
上記メニューは一例で、店頭にて発表しているものもあります

2017年02月06日
今日の車種別メニューは、ドライビングの楽しさを堪能できるFR2車種のECUチューンと、
4WDで根強い人気をもつCP/CTランサーエボリューションのコンプリートベアエンジンシリーズ。
予算と目的にあわせてお選びいただけるラインアップです。

    HKS GTスペックエキマニ+フラッシュオリジナルデータパック for Z#6         
      メタルキャタライザー + Flash Editor がパッケージ化されたHKSアイテムに
      Kansaiオリジナルデータをインストール。(注1)

    KansaiスポーツECU for ND5RC       
      インストールするだけでNAチューンを体感できる究極のお手軽メニュー。
      ロードスターのポテンシャルアップに是非ご活用ください。

    4G63 コンプリートベアエンジン for CP・CT9A      
      疲れきった4G63をフルリフレッシュ!!
      ストックしている良質のベースエンジンをフルオーバオホール。
      エンジン仕様や予算に応じて3つのパターンを設定。使うパーツは違っても
      フルチューンエンジンを作製する時と同じ工程・精度で組み上げます。
      また人気の「タペットカバー結晶塗装」を含んだ価格となっています。(注2)
                  No.1 純正オーバーサイズピストン仕様

                  No.2 HKS鍛造ピストン+H断面コンロッド仕様

                  No.3 HKS2.3L仕様 (注3)

プレミアムウィーク期間 : 2017/2/4〜2/19
表示価格は全て8%税込です
(注1)HKS PREMIUM CAMPAIGN 対象商品です
(注2)エンジン単体の価格となります セッティングアイテムとセッティング費用が別途必要となります
    ご使用中のエンジンは下取りとなります
(注3)HKS PREMIUM CAMPAIGN 対象商品です
お車の状態や仕様により、別途追加費用が必要となる場合もあります
上記メニューは一例で、店頭にて発表しているものもあります

2017年02月05日
今日の車種別メニューは根強い人気を誇る第二世代GT-R編です。
リフレッシュ系〜コンプリートエンジンまで幅広く用意しました。

    エンジン前まわりリフレッシュ      
      経年劣化によるエンジン前まわりからの水漏れやベルトまわりの不安。
      そんな心配事を解消するためウォーターポンプやアイドラー・テンショナーベアリング、
      ベルト類を全て交換!! タイミングベルトは強化品を使用し信頼性を高めます。

    エンジン脱着リフレッシュパック
      エンジン・ミッションを脱着し、エンジンルームを総点検!
      各部の状態をチェックしながら、インテーク側の制御系パーツのフルオーバーホール&
      ホース・パイプ類はALL NEW。エンジン・ミッションマウントも交換します。

    2.6L 標準仕様コンプリートエンジン      
      鍛造ピストンを組み込み、耐久性を高めつつ最もリーズナブルに仕上げたパッケージ。
      エンジン詳細は店頭にて!!(注1)

    2.8L コンプリートエンジンパック N1新品ブロック      
      新品N1シリンダーブロックを投入し、800PSまで許容するパーツ内容。
      こちらもエンジンの詳細は店頭 もしくはTELにてお問い合わせください。(注1,2)

    サスペンションリアまわりリフレッシュパック      
      リアメンバーと各ブッシュ類は純正新品+NISMOのアームを使ったリフレッシュメニュー。
      「コーナーで狙ったラインがトレースできない」や「直進安定性が不安定」
      といったお車におすすめです。

    ミッションリフレッシュパック      
      こちらも新品トランスミッションAssyにトランスファーO/Hに加え、プロペラシャフトの
      センターベアリング交換を含めた駆動系リフレッシュの王道メニュー。(注3)


プレミアムウィーク期間 : 2017/2/4〜2/19
表示価格は全て8%税込です
限定数に達した時点で通常のプレミアムウィーク価格とさせていただきます
(注1)エンジン単体の価格となります セッティングアイテムとセッティング費用が別途必要となります
    ご使用中のエンジンは下取りとなります
(注2)HKS PREMIUM CAMPAIGN 対象商品です
(注3)32・33GT-R向けメニューとなります
お車の状態や仕様により、別途追加費用が必要となる場合もあります
上記メニューは一例で、店頭にて発表しているものもあります

最新情報TOP ]  [ ページTOP ]
[ 1 ]  [ 2 ]  [ 3 ]  [ 4 ]  [ 5 ]  [ 6 ]  [ 7 ]  [ 8 ]  [ 9 ]  [ 10 ]  [ 11 ]  [ 12 ]  [ 13 ]  [ 14 ]  [ 15 ]