デモカー

ホーム  >  デモカー  >  現行デモカー  >  SUBARU BRZ

現行デモカー

SUBARU BRZ

 

86に先駆けてデビューした新型BRZでは新型開発のルーティンであるデータ収集&解析、先代モデルからの進化点や意図を見極めつつ、速攻でストリートユーザー向けのファーストパッケージとなるNAチューン・ストリート仕様を仕上げました。86が登場した今後は両モデルの味付けがどのように異なるのかもチェックしながら、先代BRZと同様 スポーツ走行にウエイトを置いたNAチューンで限界領域を探っていきます。

車名
Kansai BRZ
グレード
R
エンジン型式
FA24
車両型式
3BA-ZD8
年式
2021/9
トランスミッション
6M/T

※写真をクリックで拡大画像がご覧いただけます。

HKS Hi-Power SPEC-L II
極薄肉ステンレス材の採用で大幅な軽量化&スポーティなサウンドを奏でるマフラー。
(純正 16.2kg/HKS 11.4kg)

ボディ補強&サスペンションパーツのほとんどが、Z#用からの流用が可能。フロントタワーバーは「アルミ目の字オーバルシャフト」を採用し、軽量かつ高剛性を実現しました。

フロントセクションには、タワーバーとともにバルクヘッドバーを装着。ボディ剛性アップとともに、マスターシリンダーストッパーの追加でブレーキフィールを高めます。

ラゲッジスペースを全く犠牲することのないリアタワーバー。一体構造に加え、補強プレートを採用することで、トランクまわりの剛性を効果的にアップさせます。

サスペンションアームの支点を繋ぐことで、走行中に発生するアライメント変化を最小限に抑え、狙い通りのライントレースをサポートするリアロアブレスバー。

リアバンパー内の左右フレーム後端を繋ぐことで、車両後方の剛性を上げるとともにボディの経年劣化を抑制。リアバンパー脱着なしで簡単取り付け可能です。

インテリアのアクセントアイテムとして好評のフロアマット。運転席側のペダル下部には大型ヒールパッドを装備することで、マットへのダメージを軽減します。

RECARO RS-GS

       
   エキゾースト
        HKS リーガマックススポーツマフラー
       
   サスペンション
         HKS ハイパーマックス IV SP(試作)
       
   駆動系
         CUSCO リアLSD タイプRS Spec F
         CUSCO 容量アップ デフカバー
       
   ボディ補強
         Kansai フロントタワーバー KTT010
         Kansai フロントバルクヘッドバー KST009
         Kansai リアロアアームバー KST013
         Kansai リアエンドバー KST015B
         Kansai リアタワーバー KTT011
       
   ブレーキ
         Projectμ HC+ R3
       
   インテリア
         RECARO RS-GS RD
         Kansai フロアマット フロント/リアSet
       
   エクステリア
        Kansai フロントフック (可倒式) オレンジ KHT111 ボールロックタイプ
        Kansai リアフック (可倒式) オレンジ KHT112 ボールロックタイプ
         VOLTEX GT WING TYPE12
       
   タイヤ
         YOKOHAMA ADVAN A052 235/40R18
       
   ホイール
         YOKOHAMA ADVAN Racing RSIII 18×9.0J +50
                   UMBER BLONZE METALLIC & RING