最新情報

ホーム  >  最新情報
2018年01月17日
東京オートサロン 2018 ご来場まことにありがとうございました。

3日間の来場者数は、2015年4年から連続で30万人オーバー!!
世界最大級、カスタムカーの祭典は今年も大盛況のなか閉幕しました。

Kansaiサービスのブースにも多くのお客様にお越しいただき ありがとうございました。

今年展示したデモカーのなかで 特に目を引いたのは、やはり話題の車「HONDA NSX」
納車が昨年末だったため、サスペンションのローダウン化やシート交換、
アルミインタークーラーパイプ、牽引フック等に留まりましたが
今後はしっかりと走り込み、Kansai流の味付けを行っていく予定です。

新商品のお披露目は、ラインアップを拡張させたR35 MY17用エアロパーツ。
こちらはデリバリーに向けて、現在準備を進めているところです。
他にもデモカーS660に投入した待望のNewアイテム
HKS製水冷インタークーラー・オイルクーラーも、多くのお問い合わせをいただきました。

次のイベントは、今月末に開催される「HKSプレミアムディ」
もちろんKansaiサービスも参加します。
今回はオートサロンで展示したR35 MY17を走らせる予定です。
1月28日 FSWでお待ちしています。



2018年01月07日
今週末 12日〜14日の3日間、カスタムカー最大級のイベント
「東京オートサロン 2018」が今回も幕張メッセにて開催されます。

今年のKansaiサービスはオリジナルエアロを纏ったR35 MY17と、熟成を極めたWRX STI D型
GTタービンでポテンシャルを引き上げたS660と、コンパクトスポーツで人気のSWIFT sport
そしてもう1台は、今話題のスーパースポーツ
「HONDA NSX」のデモカー5台の出展を予定しています。

昨年末ギリギリに納車されたNSXですが、Kansaiサービスではすでに
サーキット走行で必要となるフルバケシート専用のシートレールや牽引フック、
サスペンションパーツ等の開発に着手。
ミッドシップV6ツインターボ+先進ハイブリッドシステムと完成度の高い1台ですが、
しっかりと走り込んで、新たなチューニングを提案していきます。
是非ご期待ください。

ブースでは今季開発したオリジナルパーツや、おすすめアイテムも展示。
オートサロン会場特典としまして、オリジナルパーツの特別価格での販売に加え
「S660」「ALTO WORKS」で人気商品のひとつ「HKS FlashEditor」
スペシャルデータを追加した「Kansai spec」を数量限定のスペシャルプライスで販売!!
すでにフラッシュエディターをお持ちの方向けに、
データのみのインストールも承ります。

もちろんチューニングやメンテナンスの相談やお見積りもOK。
お気軽にお立ち寄りください。
カウンターでは、恒例の福袋やグッズ、新作ウェアの販売も行いますのでお見逃しなく!
1/12〜14の3日間、幕張メッセ西ホール 横浜ゴム様の向いブースでお待ちしています。

2017年11月24日
22日の水曜日は恒例となりました、鈴鹿サーキット 秋の走行会でした。
今回も募集締切予定の1ヶ月前からキャンセル待ちの「満車御礼!!」
皆さまのご参加誠にありがとうございました。

コース状態は雨が心配されたものの、曇り空のままキープできそうなコンディション。
いつものように、受付・ドライバーズミーティングと予定通り進み
いよいよ午後1:30、慣熟走行&スポーツ走行枠がスタートしました。

今回のゲストドライバーはS耐参戦中の松本武士さん。
デモカーの新型SWIFT Sportのテスト走行と、「プロのドライビングを体感したい! 」
といったお客さまに、同乗走行によるドライビングレッスンをお願いしました。
さすがはレーシングドライバー、同乗走行を希望される方は非常に多く
予定時間ほぼ休憩なしで、ピットイン-アウトを繰り返し、走行していただきました。

新型SWIFTの走行テストは、スピードリミッターと車両走行安定補助システムが介入しながらも
試作サスペンション・ブレーキパッド・エンジンオイルクーラーといったライトな仕様で
2'36"182 と好タイムを記録。
今後のチューニングの方向性を確認できたテストとなりました。

2時間の走行会は天候にも恵まれ、コースアウトによる赤旗を1回出したものの
概ね順調に進行し、大きなトラブルや混乱なく3:30走行終了となりました。
同乗&テスト走行をお願いした松本さんからも
「走りやすくマナーのいい走行会だったね!」とのコメントいただきました。
これもひとえにご参加いただいた、お客さまのご協力のおかげと感謝しています。

次回の走行会は2018年2月を予定しています。
皆さまのご参加お待ちしております。

2017年11月19日
早くも街中ではクリスマスツリーの装飾が目立つようになってきたこの季節
Kansaiサービスでは今年もメーカーさまからご協力いただき
「チューニングの楽しさ」をもっとお手軽に体感いただけるよう
人気アイテム限定の「Kansaiウインターセール」を開催します。

もちろんKansaiオリジナルパーツや、パフォーマンスの高いメニューもお買い得価格を設定しました。
キャンペーン期間は11/25〜12/17
今年最後となるビッグチャンスをお見逃しなく!!

  HKSパーツ
        マフラー・メタルキャタライザー・サスペンションシリーズ

  Kansaiオリジナルパーツ
        ボディ補強・サスペンションパーツ
        車種別スポーツECU

さらに・・・
只今各社メーカーキャンペーン実施中です。
        HKSマフラー・サスペンションご購入で創立45周年 感謝の記念品をプレゼント
        ENDLESSブレーキキャリパー 選べる6色変更無料キャンペーン
        PMUブレーキパッド FRONT+REAR セットキャンペーン

Kansaiウインターセールとあわせて、愛車のステップアップに是非ご活用ください。


Kansaiウインターセール期間:2017 11/25〜12/17
メーカーキャンペーン期間や内容の詳細はHPならびに店頭にてご確認ください

2017年09月27日
エンジンが本来もつポテンシャルを手軽に引き出すことができる
ECUセッティングツール「HKS Flash Editor」
現行車のラインアップが増えるなか、待望のALTO WORKS用 がリリースされました。

Flash Editorの特徴は、メーカーが推奨するデータが予め入力されているところ。
なのでインストールするだけで走りの違いを実感することが可能です。
さらにスペシャルデータを作成できるエリアも確保されているので
車両仕様にあわせたセッティングができるところも魅力のひとつです。

Kansaiサービスでは定石どおりこの領域をフルに活用。
プリセットデータの内容を検証しつつ、実走・パワーチェックを繰り返し
ALTO WORKSの走りをさらに高めるためのテストを重ねました。

その結果、レギュラーガソリンのままで十分なマージンを取りながら
ストック状態とは比較にならない程のパワーとレスポンスを発揮する
「Flash Editor Kansai spec」を完成させました。
また、以前よりハイオクガソリンでのアプローチも試みていたので
そのデータを流用し、レギュラー仕様のワンランク上の走りを可能にする
「ハイオク専用データ」も設定しました。

データ変更のみでの出力比較
  
   Flash Editor Phase1
        75.8PS / 6100rpm 12.1kg-m / 3600rpm
  
   Flash Editor Kansai spec    レギュラーガソリン仕様
        82.1PS / 5200rpm 13.1kg-m / 3700rpm
  
   Flash Editor Kansai spec    ハイオクガソリン仕様
        88.8PS / 5300rpm 13.9kg-m / 3600rpm
  
ランニングコストはそのままに、パフォーマンスアップを実現する「レギュラー仕様」
驚愕の走りを可能にする「ハイオク仕様」
自慢のオリジナルデータを同乗試乗にて体感していただくため、
Kansaiサービスではデモカーを用意しています。

興味のある方は是非ご来店ください!!

デモカーの同乗試乗は、同車種でご来店いただいた方のみとさせていただきます

2017年09月12日
GT-R Magazine presents R's Meeting 2017 ご来場誠にありがとうございました。

今回で通算10回目の開催となるGT-Rの祭典。
当日の朝、会場となるFSWイベント広場は爽やかな秋晴れ。
ゲートオープンの7:00、GT-Rに魅了された人々が待ちかねたように続々と入場し
例年通り独特の雰囲気のなかイベントはスタートしました。

会場では「愛車撮影会」「パレードラン」豪華ゲスト陣による「トークショー」など
いつものコンテンツですが、気付かされたのは人の多さ。
年々規模を拡大しつつある印象ですが、開催結果報告での来場者数は
過去最高となる6,830人で、まさに世界規模となるイベントとなりました。


デモカーのBNR34とR35 MY07とMY17に加え、ユーザーカーのR35と
計4台を展示したKansaiブースにも、たくさんのお客さまにお越しいただきました。

様々なご質問やお悩み、チューニング相談への対応だけでなく
ユーザーさまを通じてお客さまを紹介いただいたり
情報交換などなど車種限定イベントならではのシーンもたくさんありました。
また、屋外という開放的なスペースでは
普段の店舗での接客とはまた違った雰囲気を味わうことができました。

あっという間に午後4:00となり、今年もイベントは無事終了。
大変有意義な時間を過ごさせていただきました。
また来年もお会いできることを楽しみにしています!!


2017年08月26日
ピ−クを過ぎたとはいえ、まだまだ残暑が残る今日この頃、
GT-Rフリークには恒例となりましたBIGイベント「R's Meeting」
今年は9/10 日曜日 いつもの富士スピードウェイで開催されます。

例年通り広めのスペースを確保したKansaiサービスブースでは
「GTIIIスポーツタービン」で熟成を深めた「BNR34」
オリジナルエアロを纏った「R35 MY17」サーキット仕様の「R35 MY07」を含め
計4台のGT-Rを展示する予定です。

ブース内ではオリジナルパーツの展示と共に、GT-Rオーナー必見の
会場限定チューニング&メンテナンスメニューも展開。
最新アイテムから定番作業まで、会場価格にて承ります。
この1日限りのスペシャルメニュー
詳細については、後日blogfacebookで案内しますのでチェックお忘れなく!

もちろん「ワンオフでこんなことできないの?」「これって正常なの??」
といった普段から気になっていることや今後のチューニングプランなど
GT-Rに関するご相談なら何でも承ります。

当日はお気軽にKansaiサービスのブースへお立ち寄りください!!

2017年08月06日
リニューアルが続くHKSの新型スポーツタービンシリーズ。
今回はデモカー LANCER EVOLUTION X(TC-SST)でテストしたGTIII-RSのレポートです。
比較対象となるターボは前作のGTII 7460KAI。
基本スペックは他車種同様で、MHI製センターハウジングに
HKS製オリジナルブレード・ハウジングの組み合わせとなります。

交換後、ナラシ中に気付いたのは、以前と比べ若干低速トルクが細く感じたところ。
これはメーカー公表値も同じような結果で、7460KAIがレスポンスを重視した仕様に対し、
GTIII-RSはよりパワーを狙った設計であることが考えられます。
事実セッティングに入り、回転数を上げていくと7460KAIより
高回転域で過給圧のタレが少なく、パワーの伸びの違いを感じることができます。

パワーチェック比較では、4000rpmまでは7460KAIが上回り
それ以上の回転域ではGTIII-RSに軍配が上がる結果となりました。
数値で表すとわずかな差ですが、このGTIII-RSの特性は
リニアなトルク感がより強まることで、ターボチューンの魅力を高めます。

数値解析の進歩と工作機械の進化によるターボの高効率化は
エンジン・燃料系の強化など使用環境が整えば、さらなる高出力化への期待が持てます。
もちろん守備範囲の広いスーパーワイドレンジターボなので
ノーマルエンジンベースから使用可能です。

ブーストアップやカム交換の次のアイテムとして最適といえる
GTIII-RSスポーツタービンキット。
是非お試しください。

2017年05月24日
来る6/3(土)4(日)の2日間
Kansaiサービスでは「HKS S660 FAIR」 を開催します。
メーカーキャンペーンとなるこの企画、100PSオーバーを実現する
GT100R PACKAGEを投入したHKSデモカーの体感試乗や
HKS商品ご購入でもらえるプレゼント、などなど豊富なイベントとなっています。

メーカーキャンペーン特典はこちら→

当日は豊富な在庫を用意し、皆さまをお待ちしていますので
即日ご購入・取付作業〜納車することが可能です。(注1)
すでにお目当ての商品やチューニングプランをお持ちの方は、
「事前取付け申込みフォーム」が用意されていますのでご活用ください。
また、チューニング済みS660ユーザーの方必見のコンテンツ
「愛車自慢企画」 も行われますので、是非ご参加ください。

さらに2日間 Kansaiサービスのスペシャルメニューとして
S660用オリジナルパーツを特別価格にて販売します。(注2)
機能性を重視したKansai渾身のオリジナルパーツを、
この機会にお試しください!!

皆さまのご来店、心からお待ちしております。


(注1)在庫のある商品のみとなります。また当日納車不可の作業もあります。
(注2)一部割引対象外商品があります。

2017年05月12日
すでにニュース等で発表されていますように
天然ゴムや合成ゴムの価格高騰を背景に、来月から
各メーカーのタイヤ価格が6%程度値上げ となります。

6%といえば・・・
例えば86/BRZ YOKOHAMA ADVAN FLEVA V701
標準サイズ215/45R17 1台分の場合

現行価格 ¥103,240(+税)¥109,434(+税)となります。
当然交換するとなると、今まで以上に出費がかさんでしまいます。


ところで今お車のタイヤコンディションはいかがですか?
長期間の使用でヒビ割れが発生していたり、溝が少なくなっていたら要注意!
これから迎える梅雨〜お出かけの機会が増える夏に向けて
この値上げ前の価格でタイヤリフレッシュをお勧めします。

クルマが路面に接する唯一のパーツとなるタイヤ。
安心・安全ドライブのためにも常にチェックしておきたいところです。
そこでKansaiサービスでは、5/末まで店頭にてご希望されるお客さまに
「無料タイヤコンディション&空気圧チェック」を実施します。

タイヤの状態が気になる方や、タイヤ交換をお考えの方
是非ご来店ください!!


最新情報TOP ]  [ ページTOP ]
[ 1 ]  [ 2 ]  [ 3 ]  [ 4 ]  [ 5 ]  [ 6 ]  [ 7 ]  [ 8 ]  [ 9 ]  [ 10 ]  [ 11 ]  [ 12 ]  [ 13 ]  [ 14 ]