デモカー

ホーム  >  デモカー  >  歴代デモカー(2000年〜)

歴代デモカー(2000年〜)

MAZDA ROADSTER

徹底した軽量化とダウンサイジングにより
飛躍的進化を遂げた4代目

車名
Kansai ROADSTER
グレード
S Special Package
エンジン型式
P5-VP
車両型式
DBA-ND5RC
年式
2015/05
トランスミッション
6M/T

 

4代目ロードスターとなるNDはオープンスポーツとして軽さにこだわりつつ、高級感ある欧州車風なスタイリングへと仕上げられた一台。Kansaiでは人馬一体感を一層高めるフットワーク強化や排気チューン+ECUの最適化をおこない、スタイリッシュ&スポーティを高次元でバランスさせたエアロパーツも開発しました。

SUBARU BRZ

「走る・曲がる・止まる」を高次元でバランスさせたスーパーFRスポーツ

車名
Kansai BRZ NAスペック
グレード
R
エンジン型式
FA20
車両型式
DBA-ZC6
年式
12/04
トランスミッション
6M/T

 

NAらしいリニアでレスポンスに優れたトルク特性を手に入れるため、メタルキャタライザーとオリジナルデータによるスポーツECUを中心にセットアップ。フットワークもダンパーストロークと減衰力を変更したサスペンションキットを開発。コーナーで積極的にアクセルを踏める仕様です。

SUBARU WRX STI

走りのSTIを満喫するための
フレキシブルセットアップを構築

車名
Kansai WRX STI
グレード
STI
エンジン型式
EJ20Y
車両型式
CBA-VAB
年式
14/08
トランスミッション
6M/T

 

スバルのスポーツモデルとして進化が重ねられてきたWRX STI。VABでは剛性向上や全長、ホイールベースの拡大を果たしたボディへ熟成度極まるEJ20を搭載し、走りの楽しさと安定感が楽しめるグランドツアラーへ仕上げられています。その方向性はキープしたまま従来モデルで培ってきた ノウハウを注ぎ、一段と懐深い一台に仕上げました。 

SUBARU IMPREZA

走りとルックスの両面で磨きあげたAWDスポーツ

車名
SUBARU IMPREZA
グレード
WRX STI
エンジン型式
EJ207
車両型式
CBA-GVB
年式
10/07
トランスミッション
6M/T

 

インプレッサ本来の走りを余すことなく発揮させ、真のAWDスポーツとしてKansaiサービスが作り上げた1台です。エンジンはノーマルタービンながら、出力を引き上げるECUデータによるファインチューニング、サスペンションやLSDもKansaiのノウハウを注ぎ込んだセッティングです。

SUBARU LEVORG

居住性と走りを共存させる
Kansai流「大人のツアラー」を目指して

車名
Kansai レヴォーグ
グレード
2.0GT EyeSight
エンジン型式
FA20 
車両型式
DBA-VMG
年式
14/06
トランスミッション
8速スポーツリニアトロニック

 

2.0GT系はD型から投入されていたFA20エンジンやVTD-AWDといったメカニズムを踏襲するレガシィの後継モデルですが、ノーマル状態のデータ収集や車両評価からスタートしての最適アプローチを図りました。ボディ補強+フットワーク、ECUチューンによって爽快な走りを手に入れることが可能です。

TOYOTA 86

上質でスポーティな走りが楽しめる大人のFRスポーツ

車名
Kansai 86 S/Cスペック
グレード
G
エンジン型式
FA20
車両型式
DBA-ZN6
年式
12/11
トランスミッション
6M/T

 

エンジン・ミッションはあくまでノーマル。過給機の装着によりエンジン出力を大幅に引き上げながら、各部への負担を最小限に抑えるセットアップを施すことにより、安全・快適に過給機チューンを楽しめるよう仕上げました。

NISSAN GT-R 【MY14】

ブーストアップ仕様に迫るファインチューング

車名
Kansai R35 ストリートスペック
グレード
Black edition
エンジン型式
VR38DETT
車両型式
DBA-R35
年式
13/12
トランスミッション
6速DCT

 

速さへの追及はもちろん、快適性と上質さを追求したパーツチョイスとセットアップにより、ブーストアップレベルに迫るパフォーマンスを発揮。ノーマルライクなエンジンルームながら、最高速やサーキットテストで培ったテクノロジーがVR38を覚醒させます。

TOYOTA 86

上質でスポーティな走りが楽しめる大人のFRスポーツ

車名
Kansai 86 S/Cスペック
グレード
G
エンジン型式
FA20
車両型式
DBA-ZN6
年式
12/04
トランスミッション
6A/T

 

「ATで楽しむ大人のFRスポーツ」をコンセプトにHKS GTスーパーチャージャーを搭載。NAらしさをスポイルせず、高回転までスムーズな吹け上がりを楽しむことができ、街乗りから高速までストレスのない走りを実現します。 

HONDA CR-Z

進化するハイブリッドスポーツ

車名
HONDA CR-Z
グレード
α
エンジン型式
LEA-MF6
車両型式
DAA-ZF2
年式
12/10
トランスミッション
6M/T

 

エコ性能をスポイルすることなく新しいCR-Zを楽しむため、いち早くスーパーチャージャー化に着手。絶対的なパワー&トルクで余裕の走りを実現します。

NISSAN GT-R 【MY12】

シンプルなブーストアップ仕様ながら
速くて乗りやすいパッケージ

車名
NISSAN GT-R 【MY12】
グレード
Black edition
エンジン型式
VR38DETT
車両型式
DBA-R35
年式
11/12
トランスミッション
6速DCT

 

速さへの追及はもちろん、快適性や上質さにターゲットをおいたワンランク上のブーストアップ仕様。最高速やサーキットテストで培ったテクノロジーがVR38を覚醒させます。

HONDA CR-Z

環境負荷の軽減と、運転する楽しさを
融合させたハイブリッドスポーツ

車名
ホンダ CR-Z
グレード
α
エンジン型式
LEA-MF6 
車両型式
DAA-ZF1
年式
10/02
トランスミッション
CVT

 

ハイブリッドのパワーユニットさらに引き上げるため、いち早くエンジンコンピュータの解析に着手。従来の点火時期や燃料MAPに加え、モーター制御等の様々なパラメーターを掌握することで、CR-Zのスポーツ性を一気に高めました。

SUZUKI SWIFT SPORT

基本性能とバランスに優れたコンパクトカー

車名
スズキ スイフト スポーツ
グレード
標準車 (II)
エンジン型式
M16A
車両型式
CBA-ZC31S
年式
08/08
トランスミッション
5M/T

 

ボルトオンターボなど過給機仕様も選択できるなか、今回の狙いは絶対的な出力よりもハイレスポンスに拘ったNA仕様。ピストン・カムシャフト変更と、それに伴うエンジンコンピュータデータの最適化により、ノーマルとは見違える程のパンチ力と高速域までストレスなく回るエンジン特性を実現しました。

DAIHATSU BOON X4

痛快な走りを演出するスポーツコンパクト

車名
ダイハツ ブーンX4
グレード
ハイグレードパック
エンジン型式
KJ-VET
車両型式
ABA-M312S
年式
06/03
トランスミッション
5M/T

 

モータースポーツへの参戦が前提のグレード「X4」は通常のBOONと違い、ノーマルから過激なスペック。それ故の荒削りなエンジンフィールを見直すことで、扱いやすいエンジン特性とともに、高回転域でのパワー感も引き出しました。

TOYOTA CROWN ATHLETE

乗れば速いプレミアムセダン

車名
トヨタ クラウン アスリート
グレード
3.5Gパッケージ
エンジン型式
2GR-FSE
車両型式
DBA-GRS184
年式
06/03
トランスミッション
6A/T

 

車格をキープしながら「もっと余裕ある走り」を目指し、HKS製GTスーパーチャージャーを搭載。まるで排気量UPした様な力強さは、高い静寂性を実現しながらNAエンジンでは味わうことにできない加速感を発揮します。

MITSUBISHI i

軽快にきびきび走るお洒落なスモールカー

車名
ミツビシ アイ
グレード
G (2WD)
エンジン型式
3B20
車両型式
CBA-HA1W
年式
06/02
トランスミッション
4A/T

 

軽自動車ながら上質な乗り味を目指し、BILSTEINダンパーをベースにオリジナルサスペンションKitやボディ補強パーツを数多く開発。ミッドシップエンジン-リア駆動の特性を生かしたセットアップにより、ワインディングから高速道路まで軽快かつ安定感の高い走りを実現しました。

MAZDA ROADSTER

誰もが楽しめるオープンスポーツ

車名
マツダ ロードスター
グレード
RS
エンジン型式
LF-VE
車両型式
CBA-NCEC
年式
06/01
トランスミッション
6M/T

 

オンザレールのハンドリングと高速域での車両安定性の向上を実現させるため、ボディ補強パーツを積極的に開発。オープンカーの弱点となるシャシー剛性を高めることで、ハンドリング性能に磨きをかけ、車を操る楽しさを追求しました。

SUBARU IMPREZA

ドライビングプレジャーを
高次元で堪能できるAWDスポーツ

車名
スバル インプレッサ
グレード
WRX STI
エンジン型式
EJ207
車両型式
GH-GDB E
年式
04/06
トランスミッション
6M/T

 

ノーマルからチューニングカーのようなパフォーマンスを発揮するWRX STI。その高い基本性能をさらに引き出し「もっと乗りやすく・もっと速く」をターゲットにモディファイ。エンジンに排気量アップ+V-CAMキットに加えタービンサイズを変更し、全域での扱いやすさを実現しました。

SUBARU LEGACY B4

Kansai流に仕上げたプレミアムスポーツセダン

車名
スバル レガシィ B4
グレード
2.0GT SpecB
エンジン型式
EJ20Y
車両型式
TA-BL5
年式
04/03
トランスミッション
5M/T

 

『上質なプレミアムスポーツ』を目指しKansai流にモディファイ。サスペンションは、快適性とスポーツ性を高い次元でバランスさせたオリジナル。欧州車ライクなしっかりとしたハンドリングを保ちつつ快適な乗り心地を実現しました。

MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX MR

理想を追求したランサーエボリューション

車名
EVO IX TME
グレード
GSR
エンジン型式
4G63
車両型式
GH-CT9A
年式
04/02
トランスミッション
6M/T

 

「メーカーからの発売前に理想のエボIXを作ろう!」とエボマガジンとのコラボレート企画で作製した『エボIX TME』
TMEとはToshiyuki Mukai Editionの略で、各所に向井こだわりテイストを施しました。

DAIHATSU COPEN

人車一体のドライビングフィールを
具現化したオープンスポーツ

車名
ダイハツ コペン
グレード
アクティブトップ
エンジン型式
JB-DET
車両型式
LA-L880K
年式
02/11
トランスミッション
4A/T

 

小排気量ながら「ワクワクする楽しい走り」を実現させるため、HKS製DX27タービンを搭載。高回転まで息つくことなく吹け上がるエンジン特性は、A/Tでありながらスポーツドライビングを満喫できる仕様です。

NISSAN FAIRLDY Z

スポーツ性と快適性を両立させた
大人の2シータースポーツ

車名
ニッサン フェアレディ Z
グレード
標準車
エンジン型式
VQ35DE
車両型式
TA-Z33
年式
02/03
トランスミッション
5A/T

 

手軽に過給機チューンを楽しめるHKS製GTスーパーチャージャーを搭載。排気圧力を低く保つことで、エンジンへの負担を抑えながら、街乗りから高速クルージングまで余裕のあるエンジン性能を発揮します。

HONDA S660

安心とともに引き出す
CVTチューンの可能性

車名
Kansai S660(CVT)
グレード
 
エンジン型式
S07A
車両型式
DBA-JW5
年式
2015/08
トランスミッション
CVT

 

対応パーツやチューニングメニューも徐々に充実し、盛り上がりをみせるS660。CVTユーザーもブーストアップやタービン交換といったパワー系メニューが安心して楽しめるようにデモカーにて実走チェックをおこない、マッチング面や不安要素の把握&対処をおこないました。